柏木由紀 なんでもアイドルまとめサイト

柏木由紀


関連するイメージは見つかりませんでした



柏木由紀
柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年7月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBならびに姉妹グループであるNGT48チームNIIIのメンバーで、NMB48チームNの元メンバー、またAKB48から派生したアイドルユニットフレンチ・キスの元メンバーである。 鹿児島県鹿児島市出身。ワタナベエンターテインメント所属。 2005年 10月、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に応募し、最終審査まで残った。しかし、翌日に最終面接を受けるようにとの連絡を受け母親に相談するが、最終面接当日に鹿児島空港に着いた際に車内で父親が反対し、上京できずに一度断念する。2006年 7月、『モーニング娘。Happy8期オーディション』に応募する。三次選考進出者25名(参加総数6883名)まで残ったが落選する。 12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格する。 12月9日、『AKB48 1st ANNIVERSARY LIVE 〜勢ぞろいだぜ!「A」「K」「B」!〜』において、旧チームBの一員として初の顔見世を行い、「何かメッセージを伝えられるような歌って踊れる歌手になりたい」と挨拶をする。 (Wikipedia:柏木由紀)

柏木由紀子
柏木 由紀子(かしわぎ ゆきこ、1947年12月24日 - )は、日本の女優、タレント。本名、大島 由紀子(おおしま ゆきこ)旧姓、柏木。 東京都世田谷区生まれ。坂本九音楽事務所所属。玉川学園女子短期大学卒業。夫は坂本九、長女は大島花子、次女は元宝塚歌劇団の舞坂ゆき子。 三人姉妹の三女で引っ込み思案だったので、母親の勧めでカナリア児童合唱団に所属していたが、小学生5年生の時に劇団若草に入団。2歳年下の酒井和歌子とは劇団同期で家族ぐるみで親しくしていた。 雑誌『女学生の友』(小学館)などのモデルをつとめる。高校生の時に松竹映画『明日の夢があふれている』(1964年)で映画デビュー。その時に共演した三田明の所属事務所の勧めで、翌1965年に『若い真珠』でレコードデビュー。1966年、玉川学園短期大学教養科を中退。TBS放映「東京の人」のヒロインに登用後、東宝テレビ部に所属し、主にテレビドラマでキャリアを重ねる。1969年、『炎の青春』ではマドンナ教師役に抜擢されるなど期待を集めていたが、1970年の『細うで繁盛記』で人気を博する。 (Wikipedia:柏木由紀子)


柏木由紀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

柏木由紀 - アマゾン検索


「柏木由紀」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す


[PR]