SPEED なんでもアイドルまとめサイト

SPEED


関連するイメージは見つかりませんでした



SPEED
SPEED(スピード)は、日本の女性4人組のボーカル&ダンスグループ。メンバー全員が沖縄県出身。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE、公式ファンクラブは「SPEEDWAY」。 安室奈美恵、MAX等を輩出した沖縄アクターズスクール出身の女性4人で構成。1992年に6人グループで結成されたが、その中でも抜群に輝いていた島袋寛子と今井絵理子、ルックスでは上原多香子、ダンスでは新垣仁絵の4人が選考された。 1995年11月、『THE夜もヒッパレ』でグループ名を公募し、1996年1月にグループ名が決定。1995年に初めてテレビ出演した際は「島袋寛子(小5/11歳)今井絵理子(小6/12歳)上原多香子(中1/12歳)新垣仁絵(中2/14歳)」であった。1996年8月5日にシングル「Body & Soul」でデビュー。デビュー当時の平均年齢は13.5歳。当時のメンバー全員が小・中学生であったことが大きな注目を集めた。「STEADY」「White Love」「my graduation」「ALL MY TRUE LOVE」など数々のヒット曲を発表するが、1999年10月に解散を発表し、2000年3月に解散。 (Wikipedia:SPEED)

SPEED'98
『内分泌攪乱化学物質』より : 内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ、endocrine disruptor)は、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン作用をおこしたり、逆にホルモン作用を阻害するもの。2003年(平成15年)5月の政府見解では、「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されている。 「外因性内分泌攪乱化学物質」(がいいんせいないぶんぴつかくらんかがくぶっしつ)などとも呼ばれ、「攪」の字が難しいことから、「内分泌撹乱物質」や「内分泌かく乱物質」とも表記される。また、通称として「環境ホルモン」がよく使用されている。 「環境ホルモン」の呼称について 内分泌攪乱物質を一般市民に分りやすく紹介するために、日本放送協会と井口泰泉(横浜市立大学教授、当時)が「環境中に存在するホルモンのような物質」という意味合いから環境ホルモンという通称を考案した。 (Wikipedia:SPEED'98)

SPEED GRAPHER
『SPEED GRAPHER』(スピード グラファー)は、GONZO制作のテレビアニメ。2005年4月7日から9月29日までテレビ朝日で木曜深夜26時40分に放送されていた。全24話。 「大人の童話」をコンセプトに制作されたGONZOのオリジナルアニメ。ジャンルはハードコアサスペンス。 ラジオ・小説・漫画・ドラマCD・グッズなど、多数のメディアミックスを展開しており(後述)、オフィシャルイベントなども開催。 また、ヒロインである天王洲神楽の選考ではウェブ形式の一般投票によるオーディションが行われ、その結果、新人の斉藤圭(現:真堂圭)が選ばれた。 あらすじ 舞台は失われた10年の混乱から脱し、一部の富める者だけが我が世の春を謳歌する“快楽都市”と化した東京。 主人公・雑賀辰巳は、友人の戸越清冶郎からセレブリティーのみが出入りできるとされる闇の社交場“六本木倶楽部”の潜入取材を依頼される。潜入に成功した雑賀は、六本木倶楽部の深奥で行われる儀式の巫女、“女神”として崇められる謎の少女・天王洲神楽と出会う。 (Wikipedia:SPEED GRAPHER)

SPEEDGRAPHER
『SPEED GRAPHER』より : 『SPEED GRAPHER』(スピード グラファー)は、GONZO制作のテレビアニメ。2005年4月7日から9月29日までテレビ朝日で木曜深夜26時40分に放送されていた。全24話。 「大人の童話」をコンセプトに制作されたGONZOのオリジナルアニメ。ジャンルはハードコアサスペンス。 ラジオ・小説・漫画・ドラマCD・グッズなど、多数のメディアミックスを展開しており(後述)、オフィシャルイベントなども開催。 また、ヒロインである天王洲神楽の選考ではウェブ形式の一般投票によるオーディションが行われ、その結果、新人の斉藤圭(現:真堂圭)が選ばれた。 あらすじ 舞台は失われた10年の混乱から脱し、一部の富める者だけが我が世の春を謳歌する“快楽都市”と化した東京。 主人公・雑賀辰巳は、友人の戸越清冶郎からセレブリティーのみが出入りできるとされる闇の社交場“六本木倶楽部”の潜入取材を依頼される。潜入に成功した雑賀は、六本木倶楽部の深奥で行われる儀式の巫女、“女神”として崇められる謎の少女・天王洲神楽と出会う。 (Wikipedia:SPEEDGRAPHER)

SPEED POP
『SPEED POP』(スピード ポップ)は日本のロックバンド、GLAYのメジャーデビュー・アルバムである。 1995年3月1日にプラチナム・レコードよりリリースされた。 2001年2月7日にエクスタシーレコードより、2003年3月5日に東芝EMIより再リリースされている。 解説 本作品は当初1994年秋のリリースを予定していたが、諸事情により半年以上も延期してのリリースとなった。インディーズ時代から演奏されてきた「LOVE SLAVE」、「JUNK ART」や「ずっと2人で…」、「RAIN」など、GLAYが北海道を拠点に活動していた頃の曲まで収録されている。今作のメジャー初のアルバムについて、TAKUROは当時のインタビューで、「バンドでできることというのがインディーズ時代だとしたら、今度は5人以外の力も使える。ピアノで始まるのが理想な曲なら、メンバーにいないピアノも抵抗なく入れようと。もともとポップなものが好きだし、突き詰めるといい音楽というものができればそれでいい。それがロックかどうかなんて、俺たちには意味のないことなんです。 (Wikipedia:SPEED POP)

SPEED STAR
『SPEED STAR』(スピードスター)は、「ヤングキング」で2005年(平成17年)から2007年(平成19年)に連載された飯星シンヤのオートレース漫画。
JKA 日本小型自動車振興会(当時)が監修。
: 川口オートレース場 川口所属。
: 船橋オートレース場 船橋所属。
: 川口所属。
: 飯塚オートレース場 飯塚所属。
: 飯塚所属。
: 飯塚所属。
: 養成所の鬼教官。
: 川口所属。
: 川口所属。
: 竜也の育ての親。
: 重さんの娘。
: 竜也の親友。
SPEED STAR 1 YKコミックス 少年画報社 ISBN 978-4-7859-2590-1
SPEED STAR 2 YKコミックス 少年画報社 ISBN 978-4-7859-2661-8
SPEED STAR 3 YKコミックス 少年画報社 ISBN 978-4-7859-2759-2
SPEED STAR 4 YKコミックス 少年画報社 ISBN 978-4-7859-2854-4
(Wikipedia:SPEED STAR)

SPEEDチャンネル
SPEEDチャンネル(スピードチャンネル)は、 日本の競輪専門チャンネル。 アメリカ合衆国のモータースポーツ専門チャンネル。2013年8月にFox Sports 1に変更され、閉局。本記事では1.について述べる。 SPEEDチャンネル(スピードチャンネル)は、ケーブルテレビおよびスカパー!プレミアムサービスで放送される競輪中継・分析専門チャンネルである。運営は株式会社車両スポーツ映像。 基本的に全ての競輪場における開催をチャンネル数の範囲内で網羅できる。チャンネルは1 - 5まであり、ケーブルテレビ局によって部分的にしか設けていないチャンネルもあるが、スカパー!プレミアムサービス専用に「SPEEDプラスワン695/395」がある。なお、GP・GI・GIIといった大レースについてはそのオッズのみを放送するチャンネルもある。 スカパー!プレミアムサービス(標準画質)での放送事業者は以下の通りで、車両スポーツ映像直営の衛星一般放送として行うチャンネルと、他の衛星一般放送事業者へ番組供給を行っているチャンネルに分かれており、他事業者では、競輪実況以外の時間帯に放送帯域を別のチャンネルとして使用している(Ch.217は無料、他は別契約)。 (Wikipedia:SPEEDチャンネル)

SPEEDSTAR RECORDS
SPEEDSTAR RECORDS(スピードスターレコーズ)は音楽会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの社内レーベルの一つである。設立は1992年。設立者はサザンオールスターズの発掘・育成した高垣健。レーベル長は小野朗。 キャッチコピーは,「To be a Rock and Not to Roll」。 傘下にサザンオールスターズ関連プライベートレーベルであるタイシタレーベルが存在する。最近ではビクターとは独立した行動が多くなってきている事もあり、フライングドッグ同様に社内組織的には分社状態になっている。 担当ディレクターの一人に元FLATBACKER(E・Z・O)の高橋太郎がいる。 所属アーティスト 家の裏でマンボウが死んでるP UA ORANGE RANGE(プライベートレーベルにSUPER ECHO LABELがクレジットされている) 感傷ベクトル 清木場俊介 くるり GRAPEVINE(2014年にポニーキャニオンから移籍) Cocco 斉藤和義 SEVEN(伊藤広規、小田原豊) MANNISH BOYS(中村達也) SHEENA & THE ROKKETS スガシカオ(アリオラジャパンから移籍) TAMTAM つじあやの THE BACK HORN ハナレグミ PANDA 1/2 風味堂 藤巻亮太(2014年10月にOORONG RECORDSから移籍) 藤原さくら 星野源(レーベルとしてはDaisyworld DISCSがクレジットされている) 矢野顕子 レミオロメン(2014年10月にOORONG RECORDSから復帰) Leyona LOVE LOVE LOVE スピードスターインターナショナル GROUND REVERSE KTU(「ケツ」。 (Wikipedia:SPEEDSTAR RECORDS)

SPEEDWAY
SPEEDWAY(スピード・ウェイ、1979年 - 1982年)は、日本のロックバンド。後にTM NETWORKを結成する小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登が在籍していた。 1976年に「フリースペース」のバンド名でSPEEDWAYの前身となるバンドが活動開始。三多摩地区のレコード店等が主催していたイベント・コンテストに参加していた。 1979年にシングル「夢まで翔んで - DreamAway - 」でSPEEDWAYとしてメジャーデビュー。1980年にシングル「Rockin' on the 月光仮面」、アルバム『Base Area』(ベースエリア)をリリース(いずれも東芝Expressから)。アルバム『Base Area』から小室がバンドへ参加している。 1983年に宇都宮・木根の2名が小室が提案したTM NETWORKの結成に同意したため、休眠化。そのまま自然消滅することとなった。 1996年には、宇都宮・木根のファンクラブ合同イベントとして、一夜限りの再結成が実現した。ただし、小室は不参加。 また2007年に発売されたTM NETWORKのアルバム『SPEEDWAY』は、過去の自分たちへのオマージュとなっている。 (Wikipedia:SPEEDWAY)

SPEEDO
SPEEDO(スピード)は、イギリスに本拠を置く国際的な水着メーカー、およびブランドである。特に競泳用水着が有名で、マイケル・フェルプスなど多くの水泳選手と契約を結んでいる。 日本では長年ミズノが製造・販売のライセンス契約を結んでいたが、2007年5月末をもって契約を終了。以後は三井物産が日本国内でのライセンスを取得し、ゴールドウインが競泳用水着や衣料品などの開発・販売を担当している。 日本語表記は「スピード」であり、しばしば「SPEED」と誤認・混同されるが、原語での発音は[spiːdoʊ]であり、忠実にカナ表記すれば「スピードウ」となる。また、英語圏等では「SPEEDO」が競泳用水着の代名詞として使われることもある(商標の普通名称化)。 1914年、オーストラリア・シドニー近郊のボンダイビーチにて、スコットランド人のアレクサンダー・マクレー(Alexander MacRae)によって、マクレー靴下製造社(McRae Hosiery manufacturers)として創業。 (Wikipedia:SPEEDO)

SPEED’98
『』より : (Wikipedia:SPEED’98)


SPEED - 関連ブログ

データが取得できませんでした

SPEED - アマゾン検索


「SPEED」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す


[PR]