KEI なんでもアイドルまとめサイト

KEI


関連するイメージは見つかりませんでした



KEI
KEI(けい、1981年4月1日 - )は、日本のイラストレーター・漫画家。北海道千歳市出身、東京都在住。男性。おもにライトノベル作品の挿画やキャラクターデザインを手掛ける。 現在につながる作風の絵を描き始めたのは、学生時代『ストリートファイターII』シリーズのキャラクターイラストを雑誌『ゲーメスト』に投稿したり、『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』の絵をみたりしたことにさかのぼる。その後、サークル参加していた友人についてコミックマーケットに行った事をきっかけに、自分もサークル参加をするようになる。同人誌が電撃文庫の編集の目に止まったことをきっかけに、『奇蹟の表現』でイラストレーターデビューを果たす。2007年にデザインを手がけた『初音ミク』が空前のヒット作となり注目をうける。 なお、同名の音楽プロデューサーであるKEI(ハヤシケイ)とは関係ない。 作風 描くイラストは水彩画のような淡い色使いであることが特徴。格闘ゲームキャラを描いた経験があるだけに、美少女以外のキャラも幅広く描く。 (Wikipedia:KEI)

KEIBAワンダーランド
KEIBAワンダーランド(けいばワンダーランド)とは京都放送(KBS京都)制作の中央競馬実況テレビ番組である。
1969年4月5日放送開始で、番組名は競馬中継(2003年3月まで)→土曜競馬中継(2003年4月以降の土曜日、但しオープニング以外は従来どおり)・競馬中継.exe(2003年4月以降の日曜日)を経て放送開始からちょうど40年目にあたる2008年4月5日から現在の番組名となった。
土曜日の中継はテレビ放送開局から最初の土曜日の1969年4月5日から続いており、テレビ東京(札幌競馬場 札幌・函館競馬場 函館開催の時はテレビ北海道、福島競馬場 福島第3場開催の時は福島テレビ、新潟競馬場 新潟第3場開催の時は新潟放送又は新潟総合テレビ=NSTはBSNが編成の都合で中継できない場合の土曜競馬の振り替えの時だけ)と提携してメインレースの中継も相互に送っている。
(Wikipedia:KEIBAワンダーランド)

KEIRIN
『競輪』より : 競輪(けいりん)とは、自転車競技法という特別法に基き指定された自治体が自転車競走を開催、この結果を賭けの対象としてパリミュチュエル方式により勝者投票券(車券)を販売する公営競技の一つであり、日本(北九州市)を発祥の地とするギャンブルである。 開催・運営 主催者は地方自治体である。監督官庁は経済産業省(製造産業局車両室)で、運営統括は財団法人JKA。運営を補佐する団体として全国競輪施行者協議会、日本競輪選手会がある。 地方自治体は所管省庁の経済産業省へ競走の開催を届け出、競輪選手と呼ばれるプロの選手達と「競輪場」と呼ばれる自転車競技場における競走出場に関する契約を交わす。番組編成、選手管理、審判など、実際の自転車競走の運営については競輪場の存在する各地域のJKA競輪競技実施事業本部(旧・日本自転車競技会)の支部へ委託している。審判の方法など、受け持つ支部によって運営手法に違いがある。 競輪選手の登録・斡旋、育成については中央団体である公益財団法人JKAが行ない、2014年4月からは審判および番組編成・選手管理・検車の4つの業務もJKAが管掌している(経済産業省はJKAを通して競輪選手、競技会、施行者などの監督指導を行う) 。 (Wikipedia:KEIRIN)

KEIRINグランプリ
KEIRINグランプリ(ケイリングランプリ)とは、毎年12月30日に開催される競輪のGP競走(レース)である(ただし1989年は労使交渉の決裂から開催中止、1990年はテレビ中継の関係で12月29日に開催)。 正賞は、経済産業大臣賞、日本放送協会杯、主催者市長賞、主催者議会議長賞、全国競輪施行者協議会会長賞、JKA会長賞、自転車競技会全国協議会会長賞、日本競輪選手会理事長賞、全国競輪場施設協会会長賞、日本自転車競技会会長賞。 このレースは通常のトーナメント方式ではなく、一定の条件により選ばれた9人のS級選手による1レースのみの一発勝負であり、優勝賞金は競艇の賞金王決定戦の優勝賞金と並び1億円である。 2001年に競輪のグレード制が導入されてからは、GIよりも格の高いグレードとして『GP』が用意されるなど、競輪における最上位のレースと位置付けられており、その年の競輪界の「真の実力日本一決定戦」とも認識されることもある。 (Wikipedia:KEIRINグランプリ)

KEIKO
Keiko(ケイコ)は、日本の女性名のローマ字表記。 人名 ミュージシャン kco (KEIKO) - 音楽グループglobeのヴォーカリスト。「kco」としてソロ活動がある。 窪田啓子 (KEIKO・Keiko) - 日本の歌手で、FictionJunction KEIKO、Kalafinaのメンバー。 ケイコ・リー (Keiko Lee) - 日本生まれの韓国人歌手。 Keiko - 日本のクラシカルバンド、Vanilla Moodのメンバー。 Keiko Walker - 日本のカントリーミュージシャン。 その他 keiko (イラストレーター) KEIKO - 日本のダンサー。 その他 ケイコ (シャチ) (Keiko) - 映画『フリー・ウィリー』出演ののち、世界で初めて野生復帰の試みがなされたオスのシャチ。 Keiko (映画) - 1979年公開の日本映画。クロード・ガニオン監督、若芝順子主演。ATG配給。it:Keiko pl:Keiko。 (Wikipedia:KEIKO)

KEITH
KEITH(キース、1952年2月6日 - )は秋田県出身のドラマー。本名、戸部 孝樹。日本のバンドARBの創設メンバーであり、かつてキース戸部名義で活動していた。 秋田県男鹿市船川出身。中学校時代にバンド活動を開始し、高校を卒業してから1969年に上京。ジャッキー吉川とブルーコメッツのバンドボーイやフライド・エッグのバンドボーイを経て、1973年、フォークロックグループ「オレンジ・ペコ」のドラマーとしてデビュー。1977年、石橋凌らとARBを結成。1981年、29歳の時、胆石で手術を受けたのを機として、肩に雷神、背中に菩薩の彫物を入れる。 1990年10月にARB解散、1998年に再結成。この間、1993年、ストラングラーズのサポートドラマーとしてカナダやアメリカでのツアーに参加。2000年、初のソロアルバム『親孝行』をリリース。2003年からSHY、寺岡信芳(fromアナーキー)、古見健二らと共にGroovin'を中心に活動していたが、右腕のコンパートメント症候群のため、2011年2月以降、Groovin'は無期限の活動休止に入った。 (Wikipedia:KEITH)

KEIRINグランプリ2015
KEIRINグランプリ2015(けいりんぐらんぷり・にせんじゅうご)は、2015年12月30日(水)に京王閣競輪場(東京都調布市)で行われた、KEIRINグランプリの31回目の開催。優勝賞金1億160万円。 出場選手 当年11月23日に行われた、第57回朝日新聞社杯競輪祭決勝戦終了後、出場選手が決定された。 取得賞金順位は当年11月23日時点による。 車番については、当年12月17日にグランドプリンスホテル新高輪で行われた、KEIRINグランプリ2015共同記者会見における公開抽選により決定した。 KEIRINグランプリ初出場は、園田匠と稲垣裕之の2名。補欠選手は金子貴志(25x20px 愛知県)。 成績 12月30日(水) 配当金額 レース概要 号砲で新田祐大が勢い良く飛び出して正攻法に構え、山崎芳仁が付けて福島コンビが前受け、中団に武田豊樹-平原康多-神山雄一郎の関東勢、これに単騎の園田匠、浅井康太の2人が続き、稲垣裕之-村上義弘の京都コンビが後攻めの形で隊列は落ち着く。 (Wikipedia:KEIRINグランプリ2015)

KEIS(78)
『KEIS』より : KEIS(ケイス、Kanji processing Extended Information System)は日立が開発した日本語処理システムの名前である。実際上は、『KEIS』という用語は、そのシステム上で使われる漢字コードの事を指していることが多いため、本項ではその漢字コードについて説明する。
『KEIS』コードは、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983をGR表現し、その上方に拡張文字を登録した符号化文字集合である。
この文字セットは『基本文字セット』、『拡張文字セット1』、『拡張文字セット3』にそれぞれ分けられ、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983の第一水準漢字と非漢字が『基本文字セット』、第二水準漢字が『拡張文字セット1』、ベンダ拡張漢字が『拡張文字セット3』に含まれる。は日立のメーカー定義漢字が含まれる。主に日立EBCDIKと併用される。
(Wikipedia:KEIS(78))

KEIS(83)
『KEIS』より : KEIS(ケイス、Kanji processing Extended Information System)は日立が開発した日本語処理システムの名前である。実際上は、『KEIS』という用語は、そのシステム上で使われる漢字コードの事を指していることが多いため、本項ではその漢字コードについて説明する。
『KEIS』コードは、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983をGR表現し、その上方に拡張文字を登録した符号化文字集合である。
この文字セットは『基本文字セット』、『拡張文字セット1』、『拡張文字セット3』にそれぞれ分けられ、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983の第一水準漢字と非漢字が『基本文字セット』、第二水準漢字が『拡張文字セット1』、ベンダ拡張漢字が『拡張文字セット3』に含まれる。は日立のメーカー定義漢字が含まれる。主に日立EBCDIKと併用される。
(Wikipedia:KEIS(83))

KEIS
KEIS(ケイス、Kanji processing Extended Information System)は日立製作所が開発した日本語処理システムの名前である。実際上は、『KEIS』という用語は、そのシステム上で使われる漢字コードの事を指していることが多いため、本項ではその漢字コードについて説明する。 『KEIS』コードは、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983をGR表現し、その上方に拡張文字を登録した符号化文字集合である。 この文字セットは『基本文字セット』、『拡張文字セット1』、『拡張文字セット3』にそれぞれ分けられ、JIS C 6226-1978もしくはJIS X 0208-1983の第一水準漢字と非漢字が『基本文字セット』、第二水準漢字が『拡張文字セット1』、ベンダ拡張漢字が『拡張文字セット3』に含まれる。 (Wikipedia:KEIS)


KEI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

KEI - アマゾン検索


「KEI」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す


[PR]