ZONE なんでもアイドルまとめサイト

ZONE


関連するイメージは見つかりませんでした



ZONE
ゾーンは ZONE 一般 地帯・区域・地域の意味の英語。 インターネット技術における、ゾーンファイルが示す内容。⇒ DNSまたはDNSゾーン転送参照。 集中・没頭しているときの心理状態。⇒ フロー (心理学)参照。 作品名 池田聡の曲。アルバム「JOY AND PAIN」に収録されている。『ZONE』。 ZONE (テレビ番組) - TBS系で放送されていた番組。 ZONE (星野桂) - 星野桂の読み切り作品。 ZONE (漫画) - かとうひろしのWEB連載作品。 流星人間ゾーン(Zone_Fighter) - 日本の特撮作品。 組織 ZONE (ゲームメーカー) - ゲームメーカー。 ZONE (バンド) - 日本のガールズバンド。 ゾーン (企業) - 福岡県北九州市に本社を置く、パチンコホールチェーンを中心に不動産事業、飲食事業を展開している総合アミューズメント企業。 (Wikipedia:ZONE)

ZONE (バンド)
ZONE(ゾーン)は、かつて結成された日本のガールズバンド。2001年にメジャー・デビューし、2005年に解散したが、2011年に再結成された。その後、メンバーの引退やトラブルにより2013年4月に活動終了。所属事務所はランタイムミュージックエンタテインメントで、所属レコード会社はソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブは「ザジズゼZONE」。 メンバー全員が北海道札幌市出身。 芸能養成スクールであるスタジオ・ランタイムの生徒にて結成される。メジャーデビューする前はTAKAYOをメインとした8人編成でのヴォーカル&ダンスのユニットで、徐々に人数を絞り、1999年にインディーズでデビューマキシシングル「believe in love」リリース時にTAKAYO、MIYU、MIZUHO、MAIKOの4人になった(なお、後に加入するTOMOKAも最終候補に入っていた)。 (Wikipedia:ZONE (バンド))

ZONE OF THE ENDERS
『ZONE OF THE ENDERS』(ゾーン オブ エンダーズ)は、コナミコンピュータエンタテインメントジャパン(以下KCEJ)が開発・販売した、PlayStation 2用ゲーム『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』及びその続編・外伝シリーズの総称。「Z.O.E」(ゾーイ、ズィーオーイー)と略される。世界観を共有するアニメーション作品も作られている。 “オービタルフレーム”と呼ばれる人間搭乗型の巨大な高機動人型ロボットを操って戦うアクションゲームである。「ENDERS」とは「short-ender」「bitter-ender」の略称の複数形である。 キャラクターのデザインやストーリー展開が日本のSFロボットアニメーション(特に『機動戦士ガンダム』の様な、いわゆる“リアルロボットもの”作品)を強く意識して作られている。ゲーム(1作目)発売前から同一世界観をもつアニメ作品の製作が決定し、ゲームとアニメを同時に見ることでより深くZ.O.Eという作品を体験できるメディアミックス戦略も行われていた。 (Wikipedia:ZONE OF THE ENDERS)

ZONE (テレビ番組)
『ZONE』(ゾーン)は、TBS系列で、1999年10月21日から2004年9月26日まで放送されていたスポーツドキュメンタリー番組。放送回数は全219回。テーマを「人間解析ドキュメント」と称し、アスリートを毎回1名(または1組、1団体)取り上げて密着取材した。 放送時間: 木曜日22:00 - 22:54(JST)、2001年4月15日から日曜日18:30 - 19:00に移り、プロ野球中継:巨人戦があるときは休止となった。木曜日放送時は、プロ野球中継延長のため遅れて放送することはあってもその影響で中止にはならず、逆に放送2回目に福岡ダイエーホークスを取り上げていた時は、偶然その日の番組直前にTBS系で生中継していた日本シリーズ第5戦で日本一を決めたため、その瞬間や胴上げの映像を番組エンディングで差し込む対応をしていた。 (Wikipedia:ZONE (テレビ番組))

ZONE-00
『九条キヨ』より : 『ZONE-00』(ゾーン ゼロゼロ)は、九条キヨにより『マガジンZERO』(廃刊)、後に『月刊ASUKA』に連載している漫画。 2011年5月18日にドラマCDがランティスより、2巻同時発売。第1巻「劇 - I section CHERRY」は安吾&三郎、第2巻「劇 - II section KNIGHT」は黒薔薇&千両がメインのストーリーとなっている。 2012年9月9日にドラマCD第3巻「劇-III section ANGEL」が発売。 ストーリー 魔物と人間は長い争いを経たのち、「和解」という形をとり、現在まで平静を保っていた。しかし、東京では異常な魔物が増えつつあった。それを退治するため、凶祓いの一族の当主・志萬安吾は上京するが、転校先の学校で出会った少年・九浄三郎との出会いにより、500年の時を越えた戦争に巻き込まれていく。 登場人物 声優は、ドラマCDのもの。 人間たち 志萬安吾(しま あんご) 声 - 福山潤 身長168cm、体重50kg、A型。 (Wikipedia:ZONE-00)


ZONE - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ZONE - アマゾン検索


「ZONE」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す


[PR]